誰でも簡単に続けられる!ランニングを習慣化するための6つの鉄則

6という文字が書かれた壁と黒ずくめの男性 ランナー書評

ランニングはコツコツ続けていれば
必ず長く・速く走れるようになりますし
身体も確実に絞れてきます。

まあ…
そのコツコツが難しいんですよねー

ぼく
ぼく

いやー、実は僕も走るのは嫌いなんで
気持ちはよーくわかりますよ。

一度、習慣にしてしまえば
走らない方が気持ち悪くなってきちゃいます(笑)

その「習慣化」について
読んでいた本に参考になることが
書いてあったので共有します!

この記事を読めば
習慣を続ける6つコツがわかります。

今回読んだ本

著書名:「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

筆者:立花岳志

出版社:サンマーク出版


内容としては

情報発信を行うことで
なぜ価値を創造することができるのか

ということがわかる本です。

「SNSにも日常生活を投稿するだけ。
副業も全くやってないし
今後やろうとも思ってない」

というような会社員にこそ
読んでもらいたいです。

お金は使ったら無くなるもの

そう思ってる人は
絶対読んで損無しです。

習慣を続ける6つのコツとは

著書の中では
「ブログを続けるコツ」
として挙げられているのですが

面白いことに
すべてランニングにリンクします。

というか他の何にでも
あてはめることができると思います!

とにかくハードルを下げる

「よし、今日から10km走ろう」

と最初は張り切るんですが
きっと多くの市民ランナーは
挫折することでしょう。

本当にハードルを下げるなら
「毎日ランニングウェアを着る」
くらいでいきましょう!

絶対毎日続ける

僕は昨年(2020年)の
半分以上は月600km走っていました。

1日でいうと20kmです。

まとめて走るのは大変なので
とりあえず朝に10kmを
走る習慣をつけていました。

一回習慣にしてしまえば
朝も決まった時間に
起きれるようになったのですが

たった一日サボると
次の日の朝は地獄です。

毎日続けることに
意味があるのです。

雨の日も小雨なら走りましたし
大雨なら階段でダッシュをしたり
商店街のアーケードで
走った日もありました。

楽なレベルで維持する

市民ランナーは共感すると思いますが
最初はどれだけ走れなくても
少しずつ楽に走れるようになってきます。

そこで階段を上手くのぼっていくと
走力もグンと伸びる可能性はありますが
しんどくなって嫌になるリスクもあります。

ランニングは仮に10年休まずに
走り続けたとしても
2ヶ月休めば一気に走力は落ちます。

続かなければ何の意味もありません。

習慣化しやすい環境を用意する

僕にとっては
朝と昼休みに走ることにしたことで
一気に練習量を増やせました。

仕事が終わって帰ってから走ると
奥さんに白い目で見られますし
夕食後に走るのはキツイいので…

誰にも気を遣わずに
走ることのできる時間に走る
というのはすごく大切でした。

習慣を「仕組み化」する

この項目は
仲間と一緒に走ること
が挙げられるでしょうか。

平日夜のチーム練習や
日曜早朝に仲間を募って走る

周りの人を巻き込むことによって
サボれない仕組みを作っていました。

うっかり忘れないようにする

マインド的なことですが
自分の意識の中で
優先順位を高く持っておくことは重要です。

最初は走る時間を決めて
アラームにメッセージを入れたり
待ち受けに「1日○分」とか
目につくようにすると良いです。

まとめ

習慣を続ける6つのコツは

  1. ハードルを下げる
  2. 絶対毎日続ける
  3. レベルは維持
  4. 環境を用意する
  5. 仕組み化する
  6. うっかり防止

でした。

月600km走っていた僕も
すべて納得して
つい記事を書いてしまいました。

ビジネス本を読んでいても
「あ、これランニングでもそうだなー」
と、繋がる部分がよくあります。

この記事が一人でも多くの方の
習慣化の助けになれば嬉しいです

ランナーのための書評コーナーとして
シリーズ化していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました