あなたがランニングをするのにベストな時間帯を教えます【朝ランVS夜ラン】

ランニング
NiSi

皆さんは朝ラン派ですか?夜ラン派ですか?

どちらも1年以上継続した経験のある僕が徹底比較します!

家族構成(単身・パートナー・子ども)、食事、仕事、体質(朝型・夜型)など

ライフスタイルと照らし合わせて「自分にはどちらが向いているのか」という参考になれば幸いです。

朝ラン夜ランの特徴

朝ランニングの特徴

朝①: 起床→ランニング→(食事)→仕事

朝②: 通勤ランニング

朝ランニングをする場合の代表的なケースはこの2つかなと思います。

スッキリ目が覚める

朝①、朝②のどちらにも言えるのは、ランニングが覚醒のトドメになるということです。

準備運動をしてから走り出すのが理想ですが、1秒でも惜しいという場合は最初の5〜10分をウォーキングにして、徐々に身体を起こしていくと良いと思います。

走り始めはまだ眠気が残っていることもありますが、朝日を浴び、鳥のさえずりを聴き、風を感じながら走っていると、いつのまにか目が覚めてしまいます。

ルーティーン化しやすい

洗濯物を干したり、ゴミを出したり、犬の散歩をしたり、と朝やることは盛り沢山だとは思いますが、起きる時間、家を出る時間はだいたい固定されていることが多いと思います。

つまり、自分が走りたい時間分(着替えやストレッチ、シャワーなども含む)を早く起きることさえできれば、今の生活リズムを大きく変えること無く、朝ランニングをあなたのモーニングルーティーンに組み込むことができるということです。

早起きがつらい

上で言ったことの裏返しになりますが、逆に言えるのは「早起きが必要」だということです。朝①のパターンは特に。

すでにカツカツの朝の時間は分単位でスケジュールが埋まってしまっていますよね。

正直、現状5時に起きても走る時間がない人に「4時に起きろ」とは言えません。

朝ランニングに一歩踏み出せない人の一番のネックはここだと思います。

ただし、ある程度の早起きはトレーニングで習慣にできますよ。

まずは、夜の過ごし方から改善してみてはいかがでしょうか。

通勤ストレスがない

これは朝②の通勤ランニング限のポイントにはなりますが、車通勤なら交通渋滞、電車通勤なら満員電車などの通勤ストレスを解消できます。これは帰宅ランニングにも同様のメリットとして挙げられますね。

職場までの距離や職種などによっても通勤ランニングが有効な場合とそうでない場合はあると思いますが、上手くフィットするとそこまで起床時間を前倒しすることなく、ランニングの時間を確保できることもあります。

朝は身体が動きにくい

これは完全に体感の話になってしまいますが、同じスピードで走っても夜よりキツく感じたり、身体の動きが悪かったりすることが多いです。

冒頭で述べたように、走っていると目は覚めてくるのですが、身体のアイドリングには余計に時間がかかるという印象です。

夜(夕方)ランニングの特徴

夜①: 帰宅ランニング

夜②: 仕事→ランニング→食事

夜③: 仕事→食事→ランニング

仕事から影響を受ける

夜①〜③すべてに当てはまることだと思いますし、あなたが夜ランニングをできるかどうかの肝になるポイントかもしれません。

夜ランニングを軸にする場合は仕事(肉体疲労度、勤務時間帯など)が大きく関わってくると思います。

例えば、僕は17時半に退社して、アップ→13kmのペース走→ダウンのメニューをこなし、家に帰っても19時前、という恵まれた環境だったこともあります。

また、20時に帰れたら早い方、という職場も経験していますが、その頃は僕にとって夜ランニングができる環境はなかったですね。

「会議が長引いて走れない」とか「今日はヘトヘトで走れない」となってしまうことがあるのが夜ランニングの最大のネックかと思います。

食べて走るか走って食べるか

これは単身の方や実家で生活している人にはあまり関係ない(自分のわがままがある程度通るため)と思いますが

妻帯者、特に子どものいる方だと夜ランニングでかなり気を使う部分だと思います。

僕の友人は仕事から帰るとすぐに食事という流れは絶対らしく、消化を待ってから夜遅くに走っているそうです。

19時に食べ終わっても2時間空けると21時ですからね。洗い物だとかいろいろあるんでしょうけど大変ですよね。

ただ、奥さんや子どもと食事の時間をずらしてまで走り始めたら結構ヤバいですよ(笑)

食事の前に走ると、必然的に食事の時間は後ろにずれるわけですし

食後に走ろうと思っていると、面倒になったり…(ないですか?笑)

夕方は身体がよく動く

広い意味では、仕事というウォーミングアップを十分に終えた身体が一番よく動くのは仕事終わりの時間帯ではないでしょうか。

「あとは帰って飯食って寝るだけ!」と残った体力すべて使い切ってもOKという精神的な余裕もあるかもしれません。

僕もポイント練習は平日の夕方にすることが多くて、個人的には休日の日中よりも集中できる感じがします。

気が滅入る、睡眠の質が下がる

あまりに遅い時間に走り始めると、頑張って長く走るほど自分の睡眠時間を削っていることに気づくというジレンマに陥ります。

夜中に走るときの頭の中はいつも「早く終わりたい」でいっぱいでした。

本来は休息の準備をするべき時間に交感神経を刺激してしまい、ゆっくり休めなくなる恐れもあります。

朝ラン夜ランのコツ

【朝ラン】

とにかく早起き習慣をつけられるかが勝負。まずは前日の良い睡眠から。

【夜ラン】

仕事終わりの一日の後半の流れに溶け込ませられるかどうか。食事の量やタイミングをコントロールする。

まとめ

習慣にしやすいのは朝、強度の高い練習は夜

ちなみに、僕は朝(毎日)40〜60分ジョグ(ゆるめ)、夜(週1〜2)ポイント練習のようにベースを朝に置いて、高強度の練習を週1〜2回夜に実施しています。

また、ポイント練習以外の日は率先して家事をやるようにしています←ここ重要!

コメント

タイトルとURLをコピーしました