一人で気軽に続けられるおすすめの生涯スポーツ大本命とは?

ランニング

学生時代は毎日のように運動している人も、社会人になるとパタっとやめてしまう人が多いのはなぜでしょうか。

友人の中でも週1回以上の運動を習慣にしている人を探す方が難しいくらいです。

僕が社会人になってからやってみたスポーツ

軟式野球

僕は学生時代は野球部一本で、社会人になってすぐに職場のつながりで勧誘を受け、草野球チームに入ることになりました。

草野球といっても週末の試合のときに集まるだけではなく、平日の週2回仕事終わりにグラウンドを借りて練習するようなチームでした。

週末の試合も多い時は、土日のどちらかは毎週試合があるような感じでした。丸一日潰れてしまうのがネックでしたね。

野球は最初の職場を辞めるまでの7年間続けました。

ボウリング

ボウリングは実は僕の奥さんがすごく得意でして、まだ結婚する前に平日の仕事帰りに毎日のように通っていた時期があります。

もちろんマイボウルもシューズも持っていましたし、多い時は月100ゲームほど投げていました。

プレイ料金が負担となって、結局3〜4ヶ月で辞めてしまいました。1年に1回くらいは今でも行きますが。

ゴルフ

ゴルフも奥さんの趣味への付き合いで最近始め(させられ)ました。まだ、打ちっぱなしに行く程度ですが。

ランニング

プロフィールにもあるように僕の最大の趣味です。

他にも若いときにはフットサルの欠員埋めに呼ばれたり、職場の仲間でレクバレーをしたり、六甲山縦走というイベントに参加してみたり、と単発でのスポーツはありますが、一定期間継続したスポーツは上に書いたものくらいです。

生涯スポーツにランニングを勧める5つの理由

僕はさまざまなストレスを抱えて生活する社会人こそ、運動を生活習慣に取り入れることが必要だと思っています。

しかし、仕事で忙しい、時間がない、面倒臭い、などと学生時代のようにスポーツに打ち込みにくい環境であることが多いのも事実だと思います。

僕がランニングをおすすめしたいのは、社会人スポーツ、そして生涯スポーツとして継続していきやすい5つの気軽さを兼ね備えているからです。

人数

ランニングは1人でも始められます。

予定を合わせる必要がないので始めるのも休むのも自由なのです。

もちろん、仲間とのランニングはまた違う良さもあります。

時間

運動をするために時間を取りやすいタイミングは、それぞれ全く異なると思います。

朝でも夜でも基本的に好きな時間に走り出せるのが良いところです。

また、時間があるときは長い距離を走り、ないときは短くするなど、走る時間を調整できます。

場所

家の近くでも、近所の公園でも、出張先でも、場所を選ばずに走ることができます。

僕は新婚旅行でクルーズ船に乗ったのですが、船の上でもランニングをされている方がいました。

道具

基本的にランニングシューズ1つで走り出せます。

ラーニングコスト

仮にジムで走るとするならある程度の固定費がかかりますが、走ること自体にコストはかかりません。

ランニングは目標を持つともっと楽しめる!

もちろん、気の向くままに気持ちよく走っているのも良いのですが、

「フルマラソン完走」であったり、「10kmを◯分で走る」であったり、

わかりやすい目標を掲げやすいのもランニングの良いところだと思っています。

そして、その目標はランニングを続けていくモチベーションになります。

まとめ

ランニングほど気軽に始められて、目標を持ち続けられるスポーツはなかなかないと思います。

実は走ることが好きでない僕ですが、もう何年も続けていられるのでランニングの魅力をぜひ皆さんにも感じて欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました