ガーミンコネクトに表示されている自己ベストを編集する3つの方法

ガーミンの使い方

市民ランナーにとって

自己ベストの更新

は大きなモチュベーションになると思います。

ところで…

ガーミンコネクトの中にも
“自己ベスト”が表示されているのは知っていますか?

プロフィールから簡単に見ることができます。

アプリ版では
「プロフィール写真」→「統計」から
見ることができます。

自分のでもラン仲間のでも良いので
チェックしてみてください。

※プライバシー設定によっては
他の人のは見ることができませんが…

「あれ?自分の思ってたタイムと違う」

「こんなに速く走った覚えがないけど、不思議」

と思う人も多いと思います。

また、そう思っても
意外と直し方が分かりにくいので

そのままにしている人も多いのではないでしょうか。

この記事を読むと

簡単に自己ベストを
正しいタイムに書き換えることができます。

はじめに、ガーミンコネクト内に
表示されている”自己ベスト”について

基本的なポイントをいくつかまとめておきます。

※とにかく早く自己ベストを修正したい!

という方は読み飛ばしてください!

ガーミンコネクトの自己ベストを表示する方法

“ラン”のカテゴリーの
自己ベストを表示できる項目は

  • 1km
  • 1マイル
  • 5km
  • 10km
  • ハーフ
  • フル
  • 最長距離

となっています。

他にも、ステップ数、バイク、スイムなどの
カテゴリーでも自己ベストを表示できます。

まず、自分のプロフィールに表示したい項目を選びます。

  1. 詳細タブのアクティビティの中から「ラン」を選択する
  2. 「自己ベストを表示」を選択する
  3. 「編集」→表示する項目にチェックを入れる

すると

新しい表示項目を追加すると

過去に保存されている
アクティビティの中から

自動で最速のタイムを探し出してきてくれます。

ここで「同意」すると
新たに自己ベストに表示されるようになります。

ちなみに、この方法で自動入力されるタイムは
連続したアクティビティの中の
最速タイム部分を切り出して持ってくるので

「あれ?こんなに速いタイムで
走った覚えがないけど…」

ということが起きたりします。

例えば

僕の1マイルの
自己ベストとして表示されている
4’31というタイムは

2kmTTを走った中の

“ある1マイル”

のタイムだったことが後からわかりました。

見た目の記録上では
ラップ毎のタイムしかわからないので
自動入力の便利なポイントといえます。

ちなみに、自動入力される場合は
GPS計測上の距離に対するタイムとなるので
トラックや周回コースでの記録とは
誤差が出ている可能性があります。

その場合も修正は可能なのでご安心ください。

ガーミンコネクトの自己ベストを編集する方法

タイムを直接編集する(ブラウザ版)

まずは、上で記載したように
単純にタイムの修正のみをしたい場合です。

※この操作はアプリ版ではできません。

  1. ブラウザ版のサイドバーから「自己ベスト」へ
  2. 修正したいタイムをタップする(数字の書き換えができる)
  3. タイムを修正する

このように
簡単にタイムを修正することができます。

アクティビティ自体を置き換える(ブラウザ版)

他人から見える自己ベストでは
タイムのみ(ブラウザ版では記録を出した年も)
しか表示されないので
上の修正の方法で十分なのですが

実際はそのタイムを出した
アクティビティも紐付けされて保存されており
自分からは振り返って見ることができるので

アクティビティごと置き換える方法

についても紹介しておきます。

※この操作はアプリ版ではできません。

  1. ブラウザ版のサイドバーから「アクティビィティ」へ
  2. 置き換えたいアクティビティを選択する(検索も可能)
  3. 「歯車マーク」→「自己ベストとして設定」を選択する
  4. 自己ベストとして登録する”距離”を選択する
  5. (すでに登録されているアクティビティがある場合)
    「置き換えますか?」
    のメッセージで「置換」を選択する

この方法で自己ベストを設定する場合は

自動入力の時のように
最速部分を探してくれるわけではなく
アクティビティの”トータルタイム”が表示
されてしまうので注意が必要です。

1kmベストの欄にトータルタイムが登録されてしまっている

前述したタイム修正の方法で正しいタイムを入力します。

アクティビティを追加する

最後にアプリ版で
自己ベストのタイムを任意変更できる
唯一の方法
を紹介します。

簡単に説明すると

「アクティビティ自体を手動で入力してしまう」

という力技です。

方法は2つあります。

①「マイデイ」から
“アクティビティ(プラスマーク)”を選択する

②もしくは「詳細」タブの
「アクティビティ」から
“手動でアクティビティを入力”を選択する

すると、アクティビティの入力画面へ

少なくとも距離とタイムのみを
入力していれば大丈夫なのですが

過去のレースの日時などが
わかっている場合は入力しておくといいと思います。

このように、入力が終わると

メッセージが表示されるので
「同意」を選択すると

自己ベストを更新表示することができます。

これは現在登録されているタイムより
速いタイムに修正する時に使える方法となるので

本来登録したい自己ベストよりも
速いタイムがすでに登録されている場合は

「一旦速いタイムを入力しておいてから
後でブラウザ版からタイムの修正をする」

という方法を取ると良いと思います。

今回は意外と知られていない

自己ベストの書き換え方をまとめました。

ぜひ、さっそく自己ベストを編集してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました