サブ2.5への道 31週目&32週目(11/2~11/15)

一生懸命走っている男性のイラスト サブ2.5への道

前週のトレーニングはこちらから→

練習内容

31週目(11/2〜11/8)

11/2(月) 完全休養

11/3(火) 刺激走2000×2@新池 total17.1k

11/4(水) 朝40’jog(4’46/k), 昼休み40’jog+WS(4’06/k)

11/5(木) 朝30’jog(4’41/k), 50’jog(4’39/k)

11/6(金) 朝10K(4’36/k), 昼休み45’jog(4’15/k), 夜6K(4’22/k)

11/7(土) 秋季陸上5000m 15’51.33

11/8(日) 朝22Kjog(4’23/k)

週間距離115.3km/ 11月距離123.9km

32週目(11/9〜11/15)

11/9(月) 朝45’jog(4’47/k), 昼休み12K(4’05/k)+WS/JL80×3

11/10(火) 朝25’jog(4’51/k), 昼休み13K(4’13/k), 20kPR(3’34/k)@坊スタ total23.5k

11/11(水) 朝30’jog(4’52/k), 昼休み12K(4’19/k)/片脚スクワット1000×3

11/12(木) 朝22K(4’43/k)

11/13(金) 朝10K(4’53/k), 昼休み12K(4’09/k)+WS, 1000~1100×5(R90“)@坊スタ tot13.8k

11/14(土) 朝15K(4’48/k), 17Kjog(4’55/k)

11/15(日) 20kPR(3’32/k)@新池 total24.7k

週間距離201.7km/ 11月距離325.6km

ポイント練習・レース

11/3(火) 刺激走2000×2

【結果】

1本目 チームメイトの引っ張りを兼ねて

6’38 (3’24-3’17)

2本目 設定は3’05-3’00

5’48 (2’50-2’57)

4日後に走る5000mの目標レースペースとなる3’05を楽に感じられる程度の刺激で十分だったが、ターゲットタイムが同じくらいの仲間と一緒だったので上手く競れて2000の練習PB。

11/7(土) 秋季陸上5000m

【結果】

15’51.33 2ndPB

3’05.4-3’12.7-3’11.0-3’14.7-36.2-76.8-77.0

11/10(火) 20KPR(3’34/k)@坊スタ

チーム練習にて実施。

前回は15Kを3’22/kだったが、今回は20K走り切ることを優先したかったことと、前日に20K+筋トレ、当日も朝昼で20Kやっていたので設定は抑えめで余裕を持って行った。

【結果】

1:11’37 (3’34/k)

18’05-17’57-17’51-17’44

11/13(金) 変則インターバル1000×5@坊スタ

チーム練習にて個人的にメニューを改変して実施。

全体メニューは1000×5の「5分回し」だが、リカバリーを短くしたいということで新たな試み。

「疾走3’30+休息90″」で距離は決めずに体感のペース感覚とフォームのキレのみに意識を置くことを意識。

【結果】

3’41(1.15k)-R1’24

3’31(1.08k)-R1’23

3’30(1.10k)-R1’29

3’15(1.00k)-R1’42

3’10(1.00k)

GPSの表示ペースではあるが、5本とも疾走区間は3’15~12あたりのペースで走れた。

ただ、4本目で3分半走り切ることがキツくなり、残りの2本は1000mで精一杯だった

あまり良い練習にならなかったが、設定タイムに捉われず、フォームや余裕度の面に意識を持っていくことは必要だと再認識できた。

11/15(日) 20KPR(3’32/k)@新池

【結果】

1:10’47 (3’32/k)

17’52-17’48(35’40)-17’40-17’27(35’07)

総評

11/7の5000mレースをシーズンの集大成を発揮する場として目標としていただけに、今回の結果は少し残念であった。

直前の刺激走の2000mはかなり良い感じで3分を切ったペースに余裕を持ちながら走ることができたが、実際のレースでは1000通過してから一旦ペースが落ち、そこから戻すことができなかった。

まだまだ3’05ペースに対する余裕度が足りないということと、脚が重くなってから耐える練習をもう一段階上のペース帯(3’08前後)でやらないといけないと感じた。

レースの後からは月末に予定しているハーフマラソンTTへ向けて気持ちを切り替えて、20Kペース走を良い感じで2度実施できた。

ともに後半にかけてペースを落とすことなく、しっかりと走り切れたのでハーフ距離に対しての抵抗が少なくなってきているのは感じた。

第32週は週200kmを超えて走ったが、疲労の蓄積からジョグのペースが落ちたり、普段違和感の出ないところが張ったりといろいろ変化が出てきていた。

無理にここまで距離を伸ばすメリットは無いように感じた。

次週のトレーニングはこちらから→

コメント

タイトルとURLをコピーしました