サブ2.5への道 10週目(6/8〜6/14)

一生懸命走っている男性のイラスト サブ2.5への道

前週のトレーニングはここから→

練習内容

10週目(6/8〜6/14)

6/8(月) 昼50’jog(52:01,12.5k,4’10/k)

6/9(火) 昼Easy14kjog(58:48,14.0k,4’12/k), 山Easy11k+400+WS×3(1:04:06,14.5k,4’25/k)

6/10(水) 朝40‘jog(40:23,8.2k,4’55/k), 昼40‘jog+WS×5(50:47,10.7k,4’47/k)

6/11(木) 通勤ラン(36:00,7.16k,5’02/k)

6/12(金) 昼40’jog+WS×3(45:41,10.1k,4‘31/k)

6/13(土) 朝50’jog(49:34,10.8k,4’35/k)

6/14(日) 朝Easy12k+WU/CD(1:08:00,total15.0k,4’32/k)

週間距離102.9km/月間距離223.9k

ポイント練習

今週はポイント練習の実施はできなかった。

総評

今週は全体的に炎天下での暑さが厳しさを増してきたのを感じた。

6/9(火)に限っては後半4kが3‘55〜50/kで質も量も満足のいく練習ができた。

一方で、暑さでペースが上がらなかったり、練習量が少なくなったりすることもあったが、そこはダラダラと続けるのではなく、「40分でジョグを切り上げて、流しを入れる」と、やれることをしっかりこなすように切り替えて実施したのは良かった点。

週の初めにチェックした週間予報では、半分以上雨マークだったものの、走れるチャンスを逃さずにランオフ無しでコツコツと練習を繋ぐことができた。

ポイント練習は実施できなかったものの、流しを入れて走動作が小さくならないように修正していくことができた。

ただ、先週から課題として挙げた「レースに向かった動き」に関しては全く取り組めなかったのは反省。

次週への課題

日が長くなってきたので、朝でも日によっては気温が高く、ペースがこれまでのように上げられないことが多くなってくると考えられる。

ここではペースの数字に縛られすぎず、体感のキツさを基準にしたペース走を積み重ねて行きたい。

昼なら60分、朝は身体の動きにくさもあるが90分は取れるので可能な範囲でしっかりした練習に取り組みたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました